マーケティング分野での苦労するポイントとして、どのようにデータを共有するかに苦労することがよくあります。複雑で魅力的なデータサイエンスの分析結果共有をより簡単にする仕組みをご紹介します。

This course includes:

  • 1 hour on-demand video
  • 2 articles
  • 10 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of completion

Requirements

  • プログラミングの経験は不要です
  • Pythonのインストールが前提です
  • HTMLは少し知っていると学習効果が高いです

Description

Pythonで素晴らしい結果が出た!さて、Pythonの分析結果をどうやって共有しよう。

こんな悩み無いでしょうか?それはPyScriptが解決してくれます。

この講座は以下を目的にPyScriptを使ったデータ連携方法を学習していきます。

  • Pythonの分析結果を、エクセルやスプレッドで連携しているものの、もっとインタラクティブな可視化を行っていきたい
  • サーバーは用意するほどでも無い、ブラウザ(例:Chrome、Edge)でさくっと連携する方法はないのだろうか
  • HTMLやCSSやJavascriptは少しわかるものの、そこまで専門的な知識は無く、サーバー構成も含めた学習が必要なDjangoやFlaskを学ぶにはハードルが高いと感じる

<講座の狙い>

  • Django、Flask、Streamlit等のPythonをウェブサービスで共有する方法がいつくかある中で、新たな連携方法であるPyscriptを使ってPythonの結果を連携する方法を解説する講座です。なお、2022年5月末時点で、Udemy内唯一の日本語でPyscriptを解説するレクチャーです
  • サーバーが不要で、クライアント側のみで処理が可能なPyscriptを使って、どのような仕組みで、どういう形で外部ライブラリーを実行するかを紹介していく講座となります
  • データサイエンスの専門的な解説は対象外です
  • HTMLをデプロイする方法をGithubで実施していきます
  • ※2022年のアメリカで実施されたPyConで発表されたα版の機能となりますので、将来変更の可能性はあります

<講座の受講対象者>

  • 分析・可視化を高速化したいデータアナリスト
    • 悩み:もっともっとデータ分析を事業側と連携したいな
  • 複雑な分析を可視化していきたいデータサイエンティスト
    • 悩み:データサイエンスのすばらしい技術をもっとビジネス場面に適用したいな
  • サーバー設置まではできないものの、フロントエンドの詳細な部分まではカバーしきれないBI担当者
    • 悩み:手軽に共有する方法が知りたいな

この講座を通して、ぜひデータ連携を実行していく方法を学んで行きましょう。

※2022年5月中旬で、PyScriptはAlpha版となっておりますので、今後継続的にアップデートが発生する可能性があります。

※当講座も継続して、アップデートを実施していく予定のものとして捉えていただければと思います。

Who this course is for:

  • ビジネス側とのデータ連携を加速させたいデータアナリスト
  • データサイエンスの魅力をもっと広めたいデータサイエンティスト
  • 最近プログラミングを始めたBI担当者